休日くらいは、ネイルアートを楽しむのもあり!

アルバイト薬剤師 → 薬剤師はネイルをしてはいけないの?

薬剤師はネイルをしてはいけないの?

最近は、ネイルもファッションの一つとしてネイルに凝って楽しんでいる女性も多く見られます。では、薬剤師でネイルは大丈夫なのでしょうか?

薬剤師は、医療従事者の一員ですから、清潔感が第一条件です。薬品を取り扱う手ともなれば、患者さんに対して清潔感を与える面からみても、重要なポイントになりますので、装飾されたネイルは勿論のこと禁止ですし、長すぎても短すぎてもいけません。

爪の色に限らず、清潔感のある印象を与えるためにも、爪の長さにも気をつける必要があります。 伸びた爪で薬品等を扱うと、破損させることも考えられますし、爪の間に溜まった汚れが薬に入る危険性もあります。

衛生面からみても爪を清潔に保つことは、薬剤師としてのたしなみでもあります。薬は患者さんの命に関わる重要なものですから、衛生管理という側面らかも、デリケートな薬品を扱う薬剤師自身が清潔であるように自己管理をしっかりとしておく必要があります。

ですから、ネイル禁止の職場が多いのが実状ですし、例え、禁止とはっきりと言われなくても、薬剤師なら当然の常識となっています。

又、前述しましたが、医療従事者である薬剤師は、見た目の雰囲気等を清潔しておくことが原則なので、ネイル以外にも、髪型やカラーリング、お化粧に関しての規定も厳しく、派手なものは避け、控えめにしておくことを常に意識しておかねばなりません。

とはいえ、女性ならばネイルを楽しみたい気持ちに駆られるのもわかります。そんな時は、仕事がオフの日だけ、つけ爪をして楽しんでみるなど、自分で工夫して割り切って楽しむと良いでしょう。 只、ネイルが好きでたまらなく、仕事中もできればネイルをしていたい、と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

先ほども述べましたが、ネイル禁止の職場が殆どなので、ネイルをしたまま仕事をするのは難しいですが、職場でも中には、控えめなフレンチネイルなら許可しているところも少数あります。

フレンチネイルでもいいからネイルを常にしていたいと思っているのなら、そんな職場に転職するのも問題解決にはなるでしょう。

只、ネイルができるから転職するということは、転職理由として不謹慎と捉えられますので、転職理由は正当性のある前向きな理由がいいでしょう。

又、ネイルがOK!な職場かどうかは、なかなかわからないものです。そこで役立つのが、薬剤師の求人サイトです。こちらでしたら、職場の内情にも詳しいコンサルタントがいますので、転職先を探すのに好都合です。ご自分の希望通りの職場があるか、一度ご相談されるといいでしょう。