安全で有意義な留学生活を送るために!

アルバイト薬剤師 → 女性薬剤師が留学する際の注意点

女性薬剤師が留学する際の注意点

世界各国で薬剤師の性別は、女性が多いと言われています。そんな中、キャリアアップを目標に留学を望む女性薬剤師もいらっしゃいます。

そこで、留学の際に気をつけるべき点をいくつかピックアップしてみましたので、ご参考にされてください。

まず、生活面では、女性に必要な日用品(生理用品や化粧品等)は、日本から充分な量を持参することをオススメします。海外の生理用品は、サイズが合わなかったり、品質もあまりよくありませんし、化粧品も日本人の肌に合わないことも少なくありませんので、普段から使い慣れたものを持っていくと重宝します。

次に、文化の違いです。特に欧米は、昔からレディーファーストが当たり前ですが、それは日常生活においてのことであり、仕事や勉学では男女平等です。日本社会では女性というだけで優遇されてきたことも、留学地では罷り通らないことも多いので、日本とのギャップを感じることもあります。

又、日本人女性は欧米の男性には超人気です。なので、薬剤師のスキルアップのために留学したはずなのに、出来ちゃった結婚という予期せぬ事態が待ち構えているかもしれません。そうなったら、勉強どころではなく、留学した意味さえなくなる可能性も無きにしも非ずです。

思わぬ縁で結ばれた国際結婚は、珍しいことではありませんが、元々国籍の違う者同士、育ってきた環境も価値観も当然違いますから、離婚するカップルもいます。特に専門職同士の結婚は、勤務形態からのすれ違いや、転勤など様々な問題も湧いてきます。

勢いで結婚するのではなく、互いをよく理解しあい、将来のビジョンを明確にした上で、慎重に結婚を決める方が望ましいでしょう。

最後に、女性薬剤師の留学で最も注意すべきこと。それは、犯罪に巻き込まれないことです。 日本は治安がいいと言えますが、海外は決してそうとは限りません。米国の大学では、セクハラや集団レイプなどの事件があり、問題視されているほどです。

特にパーティーなどは趣旨や参加者等々を確認した上で、参加するか否か慎重に決めるべきです。常に自己防衛を認識しておかないと、危険な目に遭う側面も海外留学は併せ持っていますので、留学地での犯罪情報や防犯対策は万全にしておきましょう。