薬剤師専門の転職サイトは、豊富な非公開求人が魅力です!

アルバイト薬剤師 → アルバイト薬剤師の求人が非公開で行われる理由

アルバイト薬剤師の求人が非公開で行われる理由

アルバイト薬剤師の求人情報を求めるとき、アルバイトだからといって一般的な求人媒体を探してみても、薬剤師の募集情報数はかなり限られています。 そのため、希望に合う情報を見つけるのは、かなり困難になるでしょう。一般的な媒体とは、新聞広告や求人チラシ、コンビニに設置されたフリーペーパーなどです。
パート薬剤師の勤務状況

しかしこれは、決して薬剤師アルバイトの求人数が少ないということではありません。薬剤師の求人はその多くが「非公開求人」で行われているためで、実際には、公開求人の何十倍もの求人が扱われているのです。

非公開求人情報は、薬剤師専門の人材紹介会社が扱っており、求職者登録を行うことで閲覧が可能になります。アルバイト薬剤師に限らず、正社員、派遣など、多くの薬剤師の方が、複数の人材紹介サイトに無料登録しており、それぞれに求人情報を取得、活用しているのです。

どうして企業側が薬剤師募集を非公開で行っているのか、その背景にはいくつかの理由が挙げられます。まず、公開求人を行うと、非公開の場合よりも応募者数が殺到してしまい、中には応募内容に合わない方なども存在するので、その対応が大変になってしまいます。

また、欠員が出て一人だけ薬剤師を募集したい場合や、期限があってすぐに募集したいときには、非公開求人にしたほうが、少ない時間と費用で、より効率的に採用ができるのです。

企業には複数の部署があるもの。そのため、ある部署では社員を削減しようとしているのに、薬剤師は新規採用したい、といった事態も起こりえます。そのような場合に穏便に求人を行うには、やはり非公開が合っているでしょう。

医療業界の性質上、新規に薬剤師求人を行う=企業として新しい動きがあると、ライバル会社に知られたくないがために、非公開で募集する、というケースもあります。

アルバイト薬剤師を非公開求人するのには、このような理由があるのですね。ここで新たな疑問として、薬剤師専門の人材紹介会社にはどんなところがあるのかを知りたくなります。

インターネットで薬剤師専門の転職支援サイトを確認してみてください。薬剤師求人に特化した、さまざまな人材紹介会社を知ることができます。それぞれの会社の特徴を比較しながら、自分の希望する求人を探すのに一番適したところを選べるのも助かりますね。

求人だけでなく、アルバイト薬剤師という仕事自体に関する情報も多く掲載されています。あなたの就職に有効活用してください。

薬剤師って出会いあるの?

職種によっては全く異性と出会う機会の無い職種もあります。 異性との出会いは、結婚へと結びつくこともありますので、異性との出会いは意外と重要な部分だったりするのです。

では、薬剤師の場合出会いはあるのか?というと、ある方だと思います。

薬剤師は色々な人と接する職業ですので、それだけでも運命の人と出会うきっかけはたくさんあるのです。 また、薬剤師って意外と医師に人気があるそうです。

医師の中には、自分の職業に対して理解してもらえるように、同じ医療関係の人と結婚したいと思っている人が意外と多いようです。

しかし、看護師ですと同僚って感じで、あまりに関わりが多いため逆に候補という気にはならないそうです。 そうなると、薬剤師の女性は、医師にとっては調度良い感じだそうです。

薬剤師と医師は、価値観が全く違うというわけではなく、しっかりとお互いの職種に関して理解ができ、だけど近すぎるわけではない調度良い距離なのです。

また、薬剤師の場合、結婚して出産して、退職をしたとしても、パートで復職をした時に時給が良いので、経済的にも楽になります。 一般的なサラリーマンからしたら、薬剤師の資格を持っている女性って特に魅力は感じないと思いますが、経済面や理解度などという点から、医師にとっては魅力的に見えるそうです。

ただし、どんな職種もそうですが、出会いが多いからといって、ただ待っているだけでは何も始まりません、 積極的に行動するということが大切です。 積極的にどこかに遊びに行ったり、合コンに行ったり、結婚相談所に行ったり、恋人や結婚相手だけでなく、出会いそのものに積極的になっていく必要はあります。

転職をするというのも、ひとつの出逢いを増やすきっかけにもなります。 出会いを求めるだけのために転職するというのはどうかと思いますが、自分にぴったりの職場に出会えれば、仕事も出会いも順調に進めることができるようになるかもしれません。

色々な人と出会い、色々な経験をしたいなら、思い切って転職してみても良いと思います!

薬剤師もパワハラってあるの?

パワハラ(パワーハラスメント)って聞いたことがある人も多いと思いますが、薬剤師の世界にもパワハラってあるのでしょうか? 結論からいうと、残念ながら薬剤師でもパワハラはあります。 特に、女性が多い職場では堂々としたパワハラというよりも、陰湿やいやがらせのようなパワハラが目立っています。

薬剤師を対象に、「過去または現在にパワハラを受けたことがある(受けている)か?」というアンケート調査が実施されました。

そして、その結果は60%以上もの薬剤師が過去や現在にパワハラを受けているようです。 半分以上の人が経験あるって、かなり高い確率ではないでしょうか?

パワハラってやっぱりかなり辛いと思います。 失敗しても成功しても色々嫌な思いをすることになると思いますし、こうなると仕事を続けていくが苦しくなってきます。 パワハラがエスカレートすると、出勤すらできないということもあります。

では、パワハラを解消するにはどうしたら良いのでしょうか? 選択肢は3つほどあります。 まずは上司に相談するという選択肢です。

相談するのに適しているのは、パワハラをしてくる上司よりも上の立場にいる上司が良いでしょう。 相談したことで、さらにパワハラがエスカレートする可能性もゼロではありません。 なので、もしも他にパワハラの被害を受けている人がいたら、その人たちと協力して相談することがおすすめです。

次は、特定の期間に相談するという選択肢です。 今、弁護士に無料相談できる環境が多くなってきていますし、弁護士だけでなく労働局にも相談することが可能です。 特定の期間から注意を受ければ、さすがにパワハラはなくなると思います。

そして3つめの選択は、転職をすることです。 上司や特定の期間に相談してもダメだったり、むしろもうその職場に居たくないという場合は、転職してしまいましょう。 転職先がパワハラのある職場ということもあるので、そこはしっかりと徹底的にリサーチしておきましょう。